多久消防署(塚本泰信署長)の安全運転訓練が9月27、28の両日、多久市東多久町の多久自動車学校であり、署員16人が狭い道路での大型車両の運転や車両誘導などの技術を磨いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加