佐賀銀行(佐賀市、坂井秀明頭取)は1日、口座の自動振替処理などが一部遅れる不具合が発生したと発表した。同日午後4時すぎにはシステムの復旧が終わり、全ての取引が完了したという。

 同行総合企画部によると、あらかじめ決められた日付で自動振替や決済が行われるよう夜間などにデータを処理する「センターカット」に遅れが出た。原因を調べている。 

 1日は生活保護費の支給日で、佐賀中部保健福祉事務所などには午前中から「いつもは朝一で支給されているはずだが、振り込まれていない」といった問い合わせがあった。

 県内の生活保護費の振り替え処理は佐賀銀行を経由するため、処理遅延の影響を受けたとみられる。保健所側からも対象の家庭に連絡し、振り込みが遅れたことを伝えたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加