佐賀県人事委員会は1日から、県職員採用試験の特別枠とスポーツ特別枠の申し込み受け付けを始めた。受験者数の増加を目指し、1次試験を、全国で受験できるテストセンター方式に変更した。

 テストセンターは、全国に設置された専用の会場で受験できる。試験内容は従来通りで、文章の読解能力の問題などが択一式で出題される。1次試験の前に書類選考を実施するよう変更し、書類選考の通過者だけが受験できる。東京会場での2次試験は廃止する。

 特別枠は行政が33人程度、教育行政は4人程度。スポーツ特別枠は、行政が2人程度、教育行政が1人程度としている。

 県人事委員会は「テストセンターを活用することで試験を受けやすくするほか、移動を減らして新型コロナウイルス対策にもなる」と説明する。申し込みは19日まで。1次試験は4月6~19日までに受験する。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加