佐賀大学医学部小児科の松尾宗明准教授らの研究グループは、知能障害などを引き起こす難病「ニーマンピック病C型(NPC)」の新たな治療法の有効性を確認したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加