環太平洋連携協定(TPP)をめぐる交渉が大詰めを迎える中、JA佐賀中央会と県農政協議会は14日、与野党の県関係国会議員に対して、交渉の行方次第では脱退を含めた厳しい姿勢で臨むよう要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加