昭和7(1932)年5月16日朝、旧制佐賀高在学中の犬養正男氏(当時21歳)は、祖父犬養毅首相の悲壮な最期を新聞で知った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加