佐賀県内の感染状況(2021年2月28日現在)

 佐賀県は28日、新たに小城市の40代女性と鳥栖市の60代男性、70代女性の3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。3人はいずれもクラスター(感染者集団)が発生している佐賀市内のカラオケ喫茶の関連で、クラスターが発生しているカラオケ喫茶3店舗に関係する県内の感染者は計41人になった。

 県は前日に感染が分かった2人の概要も説明した。2人のうち三養基郡上峰町の80代女性は、佐賀市開成のカラオケ喫茶「キララ」を19日に利用していた。

 また、27日までに職員3人と患者1人の感染が確認された国立病院機構肥前精神医療センター(神埼郡吉野ヶ里町)についても言及。「関係者の必要な検査はいったん終了したが、後日発症が確認されるケースもある。しっかりと経過観察を続ける」と説明した。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加