建物を解体し、更地にした。それだけで10年かかった。 2月中旬、JR常磐線の双葉駅(福島県双葉郡双葉町)に降りると、5メートルほどの高さに積まれた黒い土のう袋が、壁のように造成地を囲んでいた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加