攻守ががっちりかみ合い、最終戦を白星で締めくくった。トヨタ紡織九州レッドトルネードは、リーグ10位の琉球コラソンから今季チーム最多の36得点を奪って快勝。昨季より順位を一つ上げて6位でシーズンを終えた。金明恵(キム・ミョンヘ)監督は「選手全員で守り抜き、スムーズに得点を奪うことができた」と健闘をたたえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加