佐賀県の鳥獣被害対策指導員研修会が14日、小城市のドゥイング三日月で開かれた。市町やJA、県関係機関の職員ら150人が、イノシシなどの主要な有害鳥獣被害の現状や被害防止策を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加