山口祥義佐賀県知事は県内のカラオケ喫茶でクラスター(感染者集団)が相次いでいることを報告。「リバウンドに本当に用心しないと、すぐ元に戻るということの証左」と緊急事態宣言が解除される都市部でも、追跡調査が可能な段階になるまで徹底した対応が必要だとの考えを示した。

 ワクチンについては、優先接種する医療従事者の供給量が必要量に達していない現状を問題視し、「医療従事者の優先接種と高齢者の接種が同時になるのではないか。本当にスムーズにいくか不安だ」と述べた。

 飲食業界への支援策「Go To イート」については、利用期間を現行の6月末までから3カ月間延長し、9月末までとすること提言した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加