サガン鳥栖の2021シーズンは“ビースト(野獣)”の咆哮(ほうこう)で幕を開けた。昨季チーム最多の9ゴールを挙げたFW林大地が、今季再導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で獲得したPKを豪快に蹴り込んで先制に成功。この1点を懸命に守り抜き、5年ぶりの開幕戦勝利をつかんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加