鳥栖-湘南 後半35分、PKで先制ゴールを決め、雄たけびを上げる鳥栖FW林大地(中央)=神奈川県のレモンガススタジアム平塚(撮影・米倉義房)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第1節第2日の27日、神奈川県平塚市のレモンガススタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦し、1-0で勝って5年ぶりの開幕戦勝利を飾った。

 C大阪は柏に2―0で快勝した。15年ぶりにチームに復帰した大久保が先制ゴールを奪い、J1通算最多得点記録を186点に伸ばした。神戸は昨季2位のG大阪を1―0で破った。

 清水は鹿島に3―1で逆転勝ち。7季ぶりに復帰した徳島は大分と1―1で引き分けた。札幌は横浜FCに5―1で快勝。浦和―FC東京、広島―仙台は引き分けた。

 28日は5季ぶり復帰の福岡がホームで昨季3位の名古屋と対戦する。

 鳥栖は3月3日午後7時から、茨城県のカシマサッカースタジアムで鹿島とルヴァン杯の初戦を戦う。リーグ戦第2節は6、7日にあり、鳥栖は6日午後3時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで浦和と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加