武雄市は、全11小学校の児童にタブレット端末を無償貸与し、「反転授業」(スマイル学習)の本格実施に踏み切った。反転授業を提案した市教育監で武内小校長の代田昭久氏(49)に導入のメリットや課題を聞いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加