全日本柔道連盟の山下泰裕会長は26日、前事務局長によるパワハラ疑惑について「私の責任が非常に大きい」と述べた。日本オリンピック委員会(JOC)会長などとの兼務の難しさを挙げ、全柔連会長を辞任する可能性も示唆した。

このエントリーをはてなブックマークに追加