新型コロナウィルス禍に見舞われた2020年でした。年末に発表された流行語大賞は「3密」、「今年の漢字」は「密」、創作四字熟語も関連するものばかりでした。

 新しく迎えた2021年をこのような状況を乗り越えて、新しい生活とともに明るい日々への願いを込めて、「みんなを元気づける」漢字、標語やキャッチフレーズを考えてみましょうと呼び掛けました。(1月24日付NIEワークシート)これに応じて取り組んでくれた小学校から「みんなを元気づける」メッセージが寄せられました。
 医療従事者への思いを絵馬の形にした嬉野市立塩田小学校、願いをこめたメッセージシートの形にした同市立大野原小学校、創作四字熟語・標語・スーローガンに取り組んだ同市立久間小学校、神埼市立西郷小学校です。それぞれの取り組みの一部を紹介します。

 
 
 

 

 
 
 

 

 

 
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加