インターネットの危険性について考える金立小児童と佐賀北署の下村勝博巡査部長(右)=佐賀市の同校

 インターネットの正しい使い方を学ぶため、佐賀市(さがし)の金立(きんりゅう)小一番ヶ瀬徹校長で18日、地元の警察官(けいさつかん)による出前授業(じゅぎょう)がありました。6年生約40人がクイズを通してネット上の危険(きけん)を考えました。
 佐賀北署金立駐在(しょきんりゅうちゅうざい)所の下村勝博巡査部長(35)が講師(こうし)を務(つと)めました。下村さんは「見せたくないものまで公開されるなど、インターネットは便利だけど危険(きけん)がある」と話し、子どもたちと「ネットで知り合った人と会わない」「困(こま)ったら大人に相談する」など五つの約束をしました。
 クイズ形式で実際(じっさい)に起きたトラブルを学ぶ授業(じゅぎょう)では、児童が危険な理由を考えて発表しました。SNSに写真を投稿(とうこう)すると、制服(せいふく)から学校が特定されたり、マンホールからおおよその住まいが分かったりする危険を知りました。
 児童は「ツイッターを使っていたが怖(こわ)くなった」、「自分だけでなく、友達の個人情報(こじんじょうほう)を流してしまわないよう気を付けたい」などと感想を話しました。
 出前授業は2月1日から3月18日までのサイバーセキュリティー月間に合わせて開催(かいさい)しました。(24日付15面・森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加