学習用タブレット端末の1人1台配備で、貸与を受けた町内の小中学校の児童生徒たち=吉野ヶ里町役場三田川庁舎

 吉野ヶ里(よしのがり)町は22日、学習用端末(たんまつ)の貸与(たいよ)式を同町役場で開きました。町内の4小中学校の児童生徒や校長など約10人が参加。伊東健吾町長から端末(たんまつ)を受け取り、ICTを活用した新たな学び方への意欲(いよく)を高めました。
 式では、伊東町長が「勉強のお手伝いになればと思っている。学力向上のため一緒(いっしょ)に頑張(がんば)っていきたい」とあいさつし、学習用端末(たんまつ)を手渡(てわた)しました。4校を代表し、三田川中2年の立部旭謙(あきのり)さんが「情報(じょうほう)の収集(しゅうしゅう)だけでなく、情報を整理し、プレゼンテーションなどの発信を行い、たくましく生(い)き抜(ぬ)く力を身に着けたい」と学習目標を発表しました。
 貸与(たいよ)を受け、東脊振小6年の光益優士(ゆうと)君は「社会などで自分の考えを班(はん)で共有している。いろいろな教科で使えるようになるのが楽しみ」と話しました。
 町は、学習用パソコンを1人1台配備(はいび)する政府(せいふ)の「GIGAスクール構想(こうそう)」を見据(みす)え、昨年度から学習用端末(たんまつ)約1600台の配備と学校内のネットワーク環境(かんきょう)を整備(せいび)してきました。各学校には充電(じゅうでん)庫などの整備工事が終わり次第(しだい)、配備されます。総(そう)事業費は約2億8000万円。(24日付14面・西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加