介護の必要度が低い「要支援1、2」の人向けの通所介護(デイサービス)や訪問介護を市町事業に移行することを盛り込んだ法案が15日、衆院本会議で可決した。