お茶の栽培から販売まで手掛ける武雄市の原製茶園(原英郎社長)が9月29日、子どもたちにもっとお茶を飲んでもらおうと、自動でお茶を入れる給茶機を同市の西川登小に寄贈した。 給茶機は2階の廊下に設置。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加