山口祥義知事と懇談する寺川琉之介さん(右)=県庁

50メートル背泳ぎで日本中学記録を樹立した寺川琉之介さん(左)と山口祥義知事=県庁

 競泳のジャパン・オープン男子50メートル背泳ぎで、約11年ぶりに日本中学記録を更新した武雄青陵中3年の寺川琉之介さん(ビート伊万里)が25日、県庁を訪問した。山口祥義知事に日本中学記録の更新を報告し、今後の目標についても話した。

 寺川さんは今月6日に開かれた同大会で、大学生や社会人が出場する中、50メートル背泳ぎにエントリー。予選で堂々とした泳ぎを見せて26秒05をマークし、萩野公介選手(ブリヂストン)が2009年11月に出した日本中学記録を0秒12塗り替えた。

 山口知事との懇談では、水泳を始めたきっかけや挫折の経験などに話題が及んだ。寺川さんは今までうまくいかない時期もあったというが、「辛抱するのが楽しい」と笑顔を見せ、山口知事を驚かせた。山口知事は「謙虚で浮つかずに、しっかり先だけ見て頑張って」と激励した。

 4月からは県内の高校に進み、さらなる飛躍が期待される寺川さん。「水泳を楽しみたいのが大きいので、偏らずにいろんな泳ぎに挑戦していきたい」と抱負を語り、新たな目標である日本高校新記録を見据える。「将来は世界新記録を出したい」と大きな夢も掲げた。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加