犯罪や非行のない社会を目指す「社会を明るくする運動」の県推進委員会(委員長・古川康佐賀県知事)が13日、佐賀市のエスプラッツであった。保護司ら約70人が参加、同運動の周知を図る取り組みなど本年度事業を確認した。 副委員長で佐賀地方検察庁の堀嗣亜貴検事正が「再犯の件数は上昇を続けている。