太宰府女性暴行死事件に関して、報道陣の質問に答える松下徹本部長=佐賀県警本部

 佐賀県警本部長に着任した松下徹警視長(51)が25日、県警本部で会見し、2019年10月に福岡県太宰府市で起きた女性暴行死事件について「最も重要な案件」と述べた。一方で、鳥栖署への相談内容に関して「女性に直ちに危害が及ぶ可能性は認められなかった」と述べ、これまでと同様の見解を示した。

 事件では、女性=当時(36)=が亡くなる前、女性の家族が鳥栖署に複数回相談していた。県警は昨年10月に内部調査結果を公表し、その後の定例会見などで、杉内由美子前本部長は当時の鳥栖署の対応について「不備はなかった」などと同じ内容の答弁を繰り返していた。

 松下本部長は、杉内前本部長の体調不良を受け「急きょ着任することになった」と説明した。着任直後に事件の資料を確認したとし「事件発覚前に佐賀県警に遺族から複数回相談があり、県警として対応してきた件が最も重要な課題」と強調した。その上で「県公安委員会の提言を実行に移して結果を出していきたい」と述べた。

 松下本部長は広島県出身。東京大法学部を卒業後、1995年に警察庁に採用。警察庁警備局付(内閣情報調査室)や内閣官房内閣参事官(国家安全保障局)、警察庁長官官房参事官(拉致問題対策担当)兼警備局付兼内閣官房副長官補付などを歴任した。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加