佐賀県内で5月9、10の両日に予定されている聖火リレーを巡っては、県が選出した聖火ランナー44人のうち、2人から辞退の申し出があった。県スポーツ課によると、東京五輪・パラリンピック組織委員会を通じて1月中旬ごろに連絡があった。辞退を受け、補欠候補者から新たに2人を繰り上げて選出した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加