梅雨や台風の時期を前に佐賀市は9日、水防警戒箇所を巡視した。秀島敏行市長ら市幹部と担当部、消防関係者35人が、遠隔操作で樋門が開閉できる大井手堰(巨勢町)など4カ所を点検した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加