自民党の野田聖子幹事長代行

 自民党の野田聖子幹事長代行は25日のインターネット番組で、閣僚の半数は女性が望ましいとの考えを示した。女性初の首相を目指す立場から組閣の在り方を問われ「男女半々でいい。政治の世界では、男性でいることが能力の一つになっていないか。それは変えていきたい」と述べた。

 併せて、性別や年齢に関係なく、多様性を重視した人事が重要だとの認識も明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加