「自発の地域づくりサミット」が27日午前9時半から、佐賀市城内の市村記念体育館で開かれる。各地で地域おこしに関わる団体などによるトークセッションがあり、自発の地域づくりについて考える。

 江戸前にぎりずしで使われる「コハダ」の魅力を伝える活動に取り組む太良町の「竹崎コハダ女子会」や江北町の農業グループ「ベリーボタン」、若者の視点から佐賀の魅力発信の企画を考える佐賀西高の生徒らが活動報告するほか、山口祥義県知事や佐賀未来創造基金の山田健一郎理事長らによるトークセッションがある。基調講演では佐賀出身のミスインターナショナルグランプリ吉松育美さんが登壇する。

 地域の課題解決や、住民を支える活動に注力した県内6団体1個人に「佐賀さいこう表彰」もある。

 また、体育館に隣接するこころざしのもりでは、県内各地の飲食店がキッチンカーで集う「さがんグルメ飲食ブース」があり、19店舗が出店予定。

 当日受け付け可。参加協力金500円が必要。問い合わせは実行委員会事務局、電話0952(26)2378。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加