佐賀県は25日、30代~90歳以上の男女12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は、延べ1044人になった。

 県によると、12人のうち9人が、クラスター(感染者集団)が発生している佐賀市のカラオケ喫茶2店舗の関連だった。利用客や2次感染などのケースとみられ、全体の感染者は計31人になった。このほか、利用客1人の感染が福岡県でも確認されている。

 また、23日発表の利用客1人は高齢者福祉施設の職員で、この関連でウイルス検査を受けた施設利用者ら70代~90歳以上の女性4人の感染がこれまでに分かっている。

 県は24日に感染を公表した4人の概要も説明した。伊万里市の80代男性は、既に感染が判明している20代女性が勤める医療機関に入院していた。(円田浩二)

 25日に発表した感染者の内訳は次の通り。

 【佐賀市】30代男性、60代男性3人、70代男性、70代女性、80代女性2人、90歳以上女性2人【小城市】80代女性【福岡県】40代女性

このエントリーをはてなブックマークに追加