子どもたちが忍者体験を楽しんだ忍者フェスタ=嬉野市中央体育館(提供写真)

 親子で忍者体験を楽しむ「忍者フェスタ」が21日、嬉野市中央体育館で開かれた。県内外から親子連れ約450人が参加し、子どもたちは忍者の衣装に身を包み、元気に体を動かしながら技を習得した。

 刀の振り方を学ぶ剣術教室やダンスステージなどさまざまなイベントが開かれた。スポーツ用品大手ミズノによる忍者学校では、親子が忍者修行に臨んだ。参加者は床に置かれた輪っかに次々と飛び移ったり、バーをくぐったりして忍者の動きを体感した。

 フェスタは忍者にゆかりのある嬉野市について知ってもらおうと、嬉野市やNPO法人九州忍者保存協会などが毎年開いている。

 今年はオンライン忍者フェスタも開催している。ユーチューブの「うれしの温泉忍者フェスタチャンネル」で、佐賀や全国各地の忍者にまつわる内容、市内で撮影した忍者ドラマ「葉隠忍者ヒゼン」を配信する。3月21日まで毎週日曜日に更新する。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加