九州新幹線長崎ルートの並行在来線に関し、所感を述べたJR九州の青柳俊彦社長=福岡市博多区の同社

 2022年秋の九州新幹線長崎ルート暫定開業に伴い並行在来線となる肥前山口―諫早の鉄道施設維持管理費について、佐賀、長崎両県が当初の合意通り「佐賀1対長崎2」の割合で負担することを確認したことを受け、運行主体になるJR九州の青柳俊彦社長は25日、「一歩前進。(開業の)準備が進み、うれしく思う」と歓迎した。

 福岡市での定例会見で質問に答えた。青柳社長は「これ(費用負担の割合)が決まらないことには、運行主体のわれわれとしては何をやっていいか決まらない。着実に来年の秋に向けて、並行在来線の部分も準備が進んでいる」と述べた。

 年間7億3千万円とされる施設の維持管理費は「『これを参考にしてください』という規模感的な数字は出しているが、架線を残すだとか、そういう詳細が固まっていない」とし「(上下分離後の両県の費用負担は)実額清算になる」との認識を示した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加