東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は24日、国際オリンピック委員会(IOC)の理事会にオンラインで出席し、三つの重点施策として「コロナ対策、ジェンダー平等、東京モデルの継承」を報告したと明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加