佐賀県は24日、80代と90歳以上の男性4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。クラスター(感染者集団)が発生した伊万里有田共立病院(西松浦郡有田町)の患者4人の感染が同日までに新たに判明し、病院の感染者は計9人になった。県内での感染確認は延べ1032人。

 県などによると、24日発表の4人の内訳は伊万里市の80代男性、有田町の80代男性2人と90歳以上男性1人。このうち、有田町の男性3人が伊万里有田共立病院の患者だった。23日公表の伊万里市の70代女性も患者だった。病院は救急対応と入院受け入れの一時中止を継続している。

 また、クラスターが発生した佐賀市のカラオケ喫茶「歌謡サロン アプ・ローズ」と「キララ」での感染確認は、聞き取り調査で新たに1人の利用が判明したため計13人になった。接触があった家族や知人らの2次感染も1人増え、計9人になった。

 県はこれまで、感染者の年齢を10歳刻みで説明してきたが、24日公表の1人について初めて「90歳以上」とした。「感染者の特定につながるため」と説明している。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加