コラム写真

 妻の休養と子どもの高熱を理由に私が会社を休んだ翌日。妻からこんな手紙を。これは、別にノロけたいわけではない。伝えるってこと、行動するってこと、大切な人を大切にするってことが、何よりも前向きになれるってことを改めて実感した。私が家事や育児、何よりも家族を第一に考える理由は、やはりこういう妻の反応もあるよね。疲れなんか吹っ飛ぶし、自分にできるならもっともっと支えたいって思った。

 内容はこれ。

 今日はとっても調子がいいです。久しぶりに“掃除機かけたいな~”とか“洗濯干したら気持ちいいよね~”とか思えました。いつもの私なら“これやらなきゃ!”とか“今やっとかないとあとで困る!”とか時間や何かに追われて、自分に余裕がなくなっていました。

 だけどここ数日、とても辛かったし、涙が出るほど頭が痛いのに、薬飲んでも楽にならないし、けど目の前には子どもがいて、嫌でも抱っこや動かないといけないし…。でもそんな時、私に代わって子どものことや家事のことやってくれて。昨日なんか仕事休んでまでマッサージに通う時間作ってくれて。とてもとても救われました。

 そして何より、「子どものため、妻のために仕事を休んだ」と言ってくれたこと! 私の旦那さんはなんて格好いい人なんだ! と思いました。洗濯干すのもマッサージももちろん嬉しいけど、それが一番嬉しかった!

 SNSで皆にノロけて投稿したいくらいなんだけど、恥ずかしいのでやめておきます。あねらの登園も再来週に迫って、色んな準備やスケジュールに、また余裕がなくなるかもしれません。自分でもできるだけ立ち止まって深呼吸して、ノルマだらけで自分を追い詰めないようにしたいです。それでも見ていられなくなったら亮ちゃんがブレーキをかけて下さい。

 たった数日の出来事だったけど、私には嬉しくて、私もこれからこの人を大切にしたいなと思いました。いつもLINEでそっけないやり取りなので、手書きでしてみたよ♪ 今日もありがとう!

 いや、こっちこそいつもありがとう♪(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)=片桐さんのコラムは随時掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加