2回戦・佐賀工―大分東明 後半22分、佐賀工がモールを組んで押し込み、最後はナンバー8永池海音がトライを奪う=湯布院スポーツセンター

 第43回木元杯全九州高校新人ラグビー大会最終日は22日、大分県の湯布院スポーツセンターで2回戦4試合があり、佐賀県勢は佐賀工が大分東明を33―14で破り、全国選抜大会の出場権を手にした。

 佐賀工は14―14の同点で迎えた後半、主将のナンバー8永池海音が二つのトライを挙げるなど19点を奪い、相手を無得点に抑えた。

 大会は新型コロナウイルスの影響で日程が短縮され、2回戦までの開催となった。全国選抜大会は3月24~31日に埼玉県で開かれる。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加