トヨタ紡織九州-豊田合成 前半、シュートを放つトヨタ紡織九州のPV岡松正剛=20日、愛知県のウィングアリーナ刈谷

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、リーグ第20週の23日午後3時から、神埼市の神埼中央公園体育館でジークスター東京と対戦する。勝ち点で並ぶ相手を退け、今季最後のホームゲームを飾りたい。

 トヨタ紡織九州は通算成績7勝2分け9敗(勝ち点16)で6位。20日は今季リーグ無敗の首位・豊田合成に28-37と完敗を喫し、2連敗で順位を一つ落とした。目標のプレーオフ進出はならなかったとはいえ、昨季(7位)を上回る順位を確保するためにも、リーグ戦の残り2試合は負けられない戦いとなる。

 ジークスター東京は7勝2分け9敗(勝ち点16)で7位。1巡目(昨年10月17日)の対戦は、トヨタ紡織九州が前半にLW梅本貴朗らのゴールで大きくリードを奪って29-25で競り勝った。だが、昨年12月の日本選手権ではミスから相手の速攻を浴び、23-30で敗れている。警戒を怠ることなく、チーム一丸で勝利をもぎ取りたい。

 新型コロナウイルスの影響で、試合は無観客で行われる。日本ハンドボールリーグ機構の公式動画サイト「JHLtv」で、無料で観戦できる。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加