杉内由美子氏

松下徹氏

 佐賀県警は22日、人事異動で杉内由美子本部長(51)が離任し、後任に警察庁長官官房付の松下徹警視長(50)が着任すると発表した。発令は24日付。県警は杉内氏の離任理由について「体調不良により業務に支障があるため」としており、離任会見は行わない方針。

 松下氏は広島県出身。東京大法学部を卒業後、1995年に警察庁に採用。警察庁警備局付(内閣情報調査室)、内閣官房内閣参事官(国家安全保障局)、警察庁長官官房参事官(拉致問題対策担当)兼警備局付兼内閣府官房副長官補付などを歴任し、今年2月15日から現職。

 杉内本部長は警察庁長官官房付で異動待機となる。福岡県太宰府市で2019年10月、高畑瑠美さん=当時(36)=が暴行されて死亡した事件を巡り、高畑さんの家族が事件前に鳥栖署に複数回相談していたことに関し、当時の県警の対応について遺族らから批判が出ており、杉内本部長は「不備はなかった」と繰り返していた。(小部亮介)

【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加