JA共済連佐賀の大串成幸本部長(左)から火災予防ステッカーを受け取った佐賀広域消防局の髙島直幸局長(中央)と佐賀市消防団の合満進団長(右)=佐賀市の佐賀広域消防局

 県民の防火意識を高めようと、JA共済連佐賀は19日、佐賀市の佐賀広域消防局に「火災予防ステッカー」を贈った。3月1日から7日までの「春の全国火災予防運動」に合わせ、消防団や自治体を通じて県内の全世帯に34万700枚を配布する予定。

 ステッカーには「2020年度全国統一防火標語」に選ばれた「その火事を防ぐあなたに金メダル」の標語や、マスクをつけた女の子のイラストが描かれており、時勢を反映したデザインとなっている。

 佐賀広域消防局で開かれた贈呈式では、JA共済連佐賀の大串成幸本部長(62)が「ステッカーを一目見て、防災を意識してもらえたら」とあいさつ。佐賀広域消防局の髙島直幸局長(59)は、今年で28年目を迎える今回の活動に触れ「長きにわたり、県民の防火思想の普及に尽力していただき、感謝している」と述べた。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加