佐賀-奈良 第4クオーター、果敢に攻め込む佐賀バルーナーズの相馬卓弥=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第22節最終日の21日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でバンビシャス奈良と対戦し、78-83で競り負け、連勝を逃した。通算成績は23勝18敗で順位は変わらず西地区3位。

 佐賀バルーナーズは第1クオーター、序盤に最大8点のリードを許す苦しい立ち上がりだったが、マルコス・マタの3点シュートなどで21-23まで追い上げた。だが、第2クオーターは、パスミスやフリースローの失敗で失速し、前半を31-43で折り返した。

 第3クオーターにレイナルド・ガルシアの4連続得点や相馬卓弥の2連続3点シュートで56-61と5点差まで詰め寄ると、第4クオーターも中西良太の連続得点など見せ場をつくったが、フリースローの失敗などが響き、逆転はならなかった。

 佐賀バルーナーズは第23節の27日午後2時から、つくばカピオアリーナで茨城ロボッツと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加