佐賀バルーナーズ―バンビシャス奈良 ドリブルで攻め込む佐賀バルーナーズの相馬卓弥=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第22節第2日の20日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でバンビシャス奈良と対戦し、84―77で競り勝ち、連敗から脱出した。通算成績は23勝17敗で順位は変わらず西地区3位。

 佐賀バルーナーズは第1クオーター、15―22と7点のリードを許した。第2クオーターで一時逆転に成功したが、終盤に7連続失点を喫して、37―40で前半を終えた。

 接戦となった第3クオーターは、中西良太やレイナルド・ガルシアが得点を重ねて終盤に62―58とリードを奪うと、最終第4クオーターは中盤に11連続得点を挙げるなどして相手を振り切った。

 佐賀バルーナーズは第22節最終日の21日午後2時から、同会場でバンビシャス奈良と再戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加