トヨタ紡織九州-豊田合成 試合後、がっくり肩を落とすトヨタ紡織九州の選手たち=愛知県のウィングアリーナ刈谷

 第45回日本ハンドボールリーグ第20週第1日は20日、愛知県のウィングアリーナ刈谷などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は首位の豊田合成に28-37で完敗した。通算成績は7勝2分け9敗(勝ち点16)で5位。

 トヨタ紡織九州は前半、RW荒川蔵人を中心に得点したものの、中盤に6連続失点を許すなど徐々にミスが目立ちはじめ、11-21と大差をつけられた。後半は、PV酒井翔一朗のポストプレーやRB三重樹弥らのゴールで追い上げを図ったが、前半に許したリードが最後まで尾を引いた。

 トヨタ紡織九州は第20週最終日の23日午後3時から、神埼市の神埼中央公園体育館でジークスター東京と対戦する。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加