市町の職員らがマイナンバーカードの申請手続きをサポートするブース=佐賀市巨勢町のモラージュ佐賀

 マイナンバーカードの申請手続きを手伝う「出張申請サポート」が20日、佐賀市巨勢町のモラージュ佐賀で開かれた。市町の職員らが申請書の記入方法を丁寧に指導。プロのカメラマンによる申請用顔写真の無料撮影もあり、多くの買い物客らが訪れた。21日まで。

 受け付け開始から約30分で整理券100枚を配布する人気。来場者は距離を保ちながら列を作り、ブースでは担当者に書き方や注意点などを尋ね、申請書を仕上げていた。佐賀市の古賀陽子さん(71)は「近所の人が作ったという話を聞いて、私もいつか作らなきゃと思っていた。思ったより簡単に申請できた」と話した。

 会場では、マイナンバーカードの取得者に最大5千円分のポイントを還元する「マイナポイント」の申請もできる。

 総務省によると、1日現在のカードの交付枚数は佐賀県は約19万5千枚で人口に対する割合は23・7%。全国平均の25・2%を下回る。このため、普及を図ろうと県が初めて実施した。

 県の担当者は「行政手続きなどにも活用されるので、この機会にカードの申請とポイントを利用してもらいたい」と呼び掛けている。時間は午前10時半から午後5時まで。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加