人の免疫は、害を与える微生物などに対して働き、病気を軽く済ませてくれたり、発症を未然に防いでくれたりします。この病気の発症は、微生物の悪さをする力と免疫力のバランスが崩れた時に生じます。このバランスを免疫力優位にしておく必要があります。その方法の一つが「口腔ケア」です。

 口の中には、細菌がたくさんいるのを知っていますか? 常在菌といって、体を守る働きを示すものもありますが、悪さをする細菌もいます。この悪さをする細菌やウイルスを減らすことが大切です。細菌の塊である歯垢は、歯磨きをしないと落とすことはできません。

 口の中にはもう一つの細菌の塊があります。それは舌の表面に付いた舌苔です。これらの細菌を口腔ケアにより減らすことで、口腔の免疫が十分に働くことができます。口腔の免疫はIgAという抗体が働き、害を及ぼす微生物を排除してくれる粘膜免疫というシステムで実行されています。しかし、このIgAも口の中が汚れていれば、敵が多すぎて、防衛が難しくなってしまいます。

 新型コロナウイルス感染症が、世界中でまん延し多くの人を苦しめています。最先端の科学によりワクチンや治療薬の開発が進んでいますが、まだ完成していません。そして新型だけあって分からないことも多数あります。このような時、大切なことは、これまでの経験を総動員して、感染しないために良いことを考えられることは何でも行うということです。

 歯磨きなどの口腔ケアは、インフルエンザへの感染リスクを下げることが分かっています。この経験は大切であり、新型コロナウイルス感染症対策として試す価値は十分あります。今、コロナウイルス感染対策の一つとして、口腔ケアが大切だとする可能性はあると考えます。(佐賀市 北村歯科医院 服部信一)〈参考文献・日本歯科医師会HP改編〉

このエントリーをはてなブックマークに追加