福岡県太宰府市で2019年10月、高畑瑠美さん=当時(36)=が暴行され死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われた、無職女性被告(42)と無職男性被告(25)=いずれも同市=の公判が19日、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)で開かれた。被害者参加制度で意見陳述した瑠美さんの母親は「一生出てこられないようにしてほしい」と厳罰を求めた。検察側は女性被告に懲役23年、男性被告に懲役16年などを求刑した。

 両被告の弁護側は無罪を主張し、結審した。判決は3月2日。

 母親は「(瑠美さんが)元気な姿で戻ってくると信じていた。警察に相談したが、助けることができず悔しい」と述べた。瑠美さんの夫・裕さんは、事件の残忍さに触れ「瑠美が受けた苦しみの報いになるような判決を」と訴えた。

 検察側は論告で、約1カ月間にわたって暴行が行われていたことなどを踏まえ「亡くなるまで人としての尊厳を踏みにじられた。過去に類を見ない凶悪な傷害致死事案」と指摘した。

 起訴状などによると、両被告は、19年9月下旬から同年10月20日ごろまでの間、瑠美さんを監禁し、バタフライナイフで突き刺したり、木刀で殴打したりする暴行を加えて死亡させた。同日、太宰府市内の施設駐車場に遺体を車で運んで遺棄したなどとしている。

 両被告は先行審理された恐喝・恐喝未遂罪でいずれも有罪となっており、地裁は傷害致死罪などと合わせて量刑を言い渡す。

このエントリーをはてなブックマークに追加