力強く鳥越峠を駆け上がる多久市の出雲一真(中央)=11区

 第61回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)は19日、13チームが参加して11区間101.8キロで競い、小城市が9年連続10度目の優勝を果たした。2位に佐賀市、3位は唐津・玄海だった。

 大会の最優秀選手賞に11区で区間トップ(53分00秒)になった多久市の出雲一真が選ばれた。

その他の受賞者は以下のとおり。
【優秀選手賞】(小城市)梶原有高、安藤慎治、(三養基郡)吉山侑佑、(鹿島市)副島孝輝
【ネッツトヨタ賞】(佐賀市)北村宙夢、大坪桂一郎、(小城市)上田結也

このエントリーをはてなブックマークに追加