生け花を学ぶ高校生が活動の成果を競う「Ikenobo(池坊) 花の甲子園2014」の九州・沖縄地区大会が5日、佐賀市で開かれ、構成力や技術力が高く評価された唐津南高校が優勝し、全国大会出場を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加