プログラムの最後には、子どもたちから親へ、親から子どもへの手紙も交わされた

 佐賀市川副町(さがしかわそえまち)の中川副(なかかわそえ)小(永田康子校長)は10日、「2分の1成人式」を中川副(なかかわそえ)公民館で開きました。10歳(さい)になる4年生10人が、日頃(ひごろ)頑張(がんば)っていることや将来(しょうらい)の夢(ゆめ)を発表し、家族への感謝(かんしゃ)の気持ちを伝えました。
 児童たちは一人一人、壇上(だんじょう)に立ち「周りを明るく笑顔(えがお)にしたい」「プロゲーマーになって、お父さんやお母さんに恩返(おんがえ)ししたい」など、堂々と発表しました。
 これまでに担任(たんにん)を務(つと)めた先生からのメッセージも動画で流れ、保護(ほご)者も含(ふく)め、参加者全員で歩みを振(ふ)り返(かえ)りました。
 式は10歳の区切りの年に、将来を考える機会にしてもらおうと実施(じっし)。岩本武治教頭は「考える力を伸(の)ばしていこう。みんなが夢(ゆめ)に少しでも近づけるよう、応援(おうえん)します」と児童にエールを送りました。(16日付16面・川崎久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加