子どもたちの感想や意見に目を通し、入賞作品を選ぶ審査員=佐賀新聞社

 小学6年生が興味(きょうみ)のある新聞記事について感想や考えをまとめる冬休みの自由学習「チャレンジ3days(デイズ)」佐賀新聞販売(さがしんぶんはんばい)店会・佐賀新聞社主催(しゅさい)の最終審査(しんさ)が16日、佐賀市(さがし)の佐賀新聞社で開かれました。最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)に河野光咲さん(鍋島)、樋口茶和さん(赤松)、山下さくらさん(浜崎)の3人が輝(かがや)きました。
 新聞で社会の動きに目を向けるきっかけをつくり、読解(どっかい)力向上につなげる狙(ねら)いで、2013年から開催(かいさい)。気になった記事を切(き)り抜(ぬ)き、感想や意見を専用(せんよう)のワークシートに書(か)き込(こ)み、保護(ほご)者がコメントします。本年度は県内113校から5019人が応募(おうぼ)、2次審査(しんさ)を経(へ)て34点から各賞を選びました。
 河野さんは神奈川県座間市(かながわけんざまし)の9人殺害事件(じけん)の記事を取り上げ、SNS上で弱音を吐(は)く人につけ込(こ)んだ被告(ひこく)の犯行(はんこう)を踏(ふ)まえて、日頃(ひごろ)からの身近な人との対話の大切さをつづりました。広島原爆(げんばく)の被爆(ひばく)者の特集記事で「未来は変えられる」との被爆者の言葉に心を打たれた樋口さんは、平和の継承(けいしょう)への思いを書きました。オンライン学習システム活用の記事をピックアップした山下さんはテキストの読み上げ機能(きのう)に注目、日本語が苦手な外国籍(せき)の子らも「同じペースで授業(じゅぎょう)が受けられるからいいな」と感想をまとめました。
 審査(しんさ)した佐賀大(さがだい)教育学部の高柳元准教授(47)は「新型コロナ関連やSNSでの誹謗(ひぼう)ひぼう中傷(ちゅうしょう)、いじめに関する記事が多い印象。レベルが高かった」と講評(こうひょう)。県学校教育課の長尾真司指導主幹(しどうしゅかん)54(は「入賞者は、記事の注目した部分にスポットを当てて考察できていた」と評価(ひょうか)しました。(17日付15面・森田夏穂)
 他の受賞者は次の通り(敬称略)。
 優秀賞 山田乃愛(三里)高橋朋花(弥生が丘)田栗歌萌(東原庠舎西渓校)〓原歩璃(立花)織田菜々花(久間)有森莉彩(明倫)池田美佳(川上)堤日菜子(春日北)北村真歩(若楠)前田菜月(成和)▽審査員特別賞 古川和昊(曲川)柿添さき(東脊振)

このエントリーをはてなブックマークに追加