映画「ニッポン無責任時代」の一場面(提供写真)

 古き良き昭和の名作を上映する「なつかしの映画上映会」が27、28の両日、鹿島市生涯学習センター・エイブルで開かれる。榎本健一や植木等など、昭和のスターがスクリーンでよみがえる。

 1930年代から60年代までのミュージカルコメディーの邦画4本を、各日3本ずつ上映する。モノクロ画面の向こうから、往年のスターらが笑いを届ける。

 榎本健一や如月寛多が出演する抱腹絶倒の喜劇「エノケンの頑張り戦術」(39年)は27日午前10時から。美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみが出演する「大当たり三色娘」(57年)は27日午後1時と28日午後3時10分から。国民的人気を博した「三人娘」が陽気な世界観で楽しませる。

 27日午後3時10分と28日午後1時から、「ニッポン無責任時代」(62年)で植木等、ハナ肇、谷啓が高度経済成長を笑い飛ばす。東京オリンピックを背景にした「君も出世ができる」(64年)はフランキー堺、高島忠夫、雪村いづみが出演。28日午前10時から上映する。

 全席自由で1日券は500円、2日券は800円。高校生は無料で整理券が必要。問い合わせはエイブル、電話0954(63)2138。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加