上峰町の上峰小前の田んぼに、恒例の稲文字が浮かび上がった。黒もち米とヒヨクモチのコントラストで描いたのは「笑顔であいさつ上小」の9文字。子どもたちは稲文字の完成を喜び、実りの季節に思いをはせていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加