国スポ・全障スポの神埼市実行委員会の設立総会であいさつする松本茂幸市長=神埼市役所

 2024年に県内で開催される国民スポーツ大会(国スポ)・全国障害者スポーツ大会(全障スポ)に向け、神埼市実行委員会が18日、発足した。市の魅力発信などを目標に据えた基本方針案など承認した。

 市役所で開かれた設立総会では、国スポ・全障スポの実施競技や、24年までの実行委と市のスケジュールを確認。実行委会長に松本茂幸市長を選出し、計87人の委員や役員などを決めた。続く第1回総会では、市のスポーツ振興を図る機会として、市民参加や市の魅力発信などを実施目標に盛り込んだ基本方針案と事業計画、予算案を承認した。

 神埼市は、正式種目の剣道とハンドボール、デモンストレーションスポーツのフライングディスク、いごてだまの競技会場となっている。松本市長は「参加選手も住民も神埼で良かったなと思ってもらえるように頑張っていきたい」と話した。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加